LIFUL HOME'S OWNERS

TOP / 住宅にまつわるお金の話~確定申告からメンテンナスまで~

住宅にまつわるお金の話~確定申告からメンテンナスまで~

2023/03/01

住宅にまつわるお金の話~確定申告からメンテンナスまで~

#住まい #メンテナンス

寄稿者

高橋貴広

株式会社LIFULL
LIFULL HOME'S OWNERSグループ グループ長

今回は、住宅にまつわるお金の話しです。

まずは確定申告から

住宅ローンを利用して購入された場合、翌年に確定申告を行いローン減税により税金の還付を受けます。
申請には残高証明書が必要です。残高証明書は年末に決済を行った場合、金融機関によっては2月に郵送される場合もあるようです。2月中旬にもなって届かない場合は確認してみましょう。また、NET系金融機関の場合は、WEBサイトで確認でき、郵送されない場合もあるようです。

還付請求の申請は落ち着いて

確定申告は一般的には2月中旬から、3月中旬に申告とされていますが、還付請求については、翌年から受付を開始し、5年以内に申告をすることになります。よって慌てる必要はありませんので、内容を理解して正確に申告しましょう。

住宅ローンの借り換えは将来の検討課題に

あまり知られていませんが、住宅ローンの借り換えは自由にできます。契約時に売主や仲介業者から紹介された金融機関で住宅ローンを組まれた方も多いと思いますが、変更を行ってもペナルティはありません。低い金利や、様々なオプションを用意している金融機関もあるので、見直すことでお得になる場合があります。
購入時に金利の高い住宅ローンとなってしまったお客様は是非ご検討したいところです。
(銀行ローンは審査が必要になります。)



将来のメンテナンスのイメージ

購入されたばかりなのであまりイメージを持たれない方もいいと思いますが、長寿命化住宅とするために、将来のメンテナンスのイメージをつかんでおいてください。

① 初めの10年

新築の場合、築10年は瑕疵保証の範囲内の為、雨漏れや躯体損傷については対応されます。この間は、特にメンテナンスの必要はありませんが、湿度の高い立地(崖地の低い側に建物がある、河川の近く等)の場合は、シロアリ対策を検討してもいいかもしれません。

② 築10年でのマストメンテナンス

・防蟻対策
・建物点検
防蟻対策は必ず実施します。この時点では、仕様によっては特別何かメンテナンスを必要としない場合もありますが、まずは点検だけは行う事をお勧めします。点検において問題が発生したら速やかに対応します。売主によっては、10年時でのメンテナンスの実施により延長保証を受けられる場合がありますので、その場合は検討が必要です。

③ 築15年でのマストメンテナンス

・防蟻対策
・建物点検~外壁・屋根の塗装等
防蟻対策は必ず実施します。構造体の点検を行い、状況を確認します。外壁と屋根はこの時点で一度メンテナンスをするべきでしょう。(瓦屋根の場合は不要の場合もあります。)

④ 築20年でのマストメンテナンス

・防蟻対策
・建物点検
・外壁の再施工(*)
・屋根の葺き替え(*)
(*仕様、程度による)
今まで一度も、防蟻対策をしていないお住いについては、必ず床下診断を受けていただき、シロアリ被害が発生しているかを確認します。していない場合はそのまま防蟻対策を講じます。被害が発生していた場合は、補強工事を検討します。
被害が無い建物でも躯体について建物点検を行い、外壁・屋根の劣化具合を確認し、必要な場合はメンテナンスを行います。塗装で住む場合と、再施工が必要な場合もありますので、点検結果を参考にご検討ください。

絶対にやっておきたいのはシロアリ対策

今の建物は昔と異なり製品の質も向上し、10年程度では劣化しないものが多いので、10年でのメンテナンスは延長保証が受けられる場合を除きあまり必要ではないようです。ただし、シロアリの対策については、必ずお勧めします。LIFULL HOME’S OWNERS提携会社の株式会社アサンテによれば調査した住宅の約3割はシロアリ被害にあっているそうです。これは築10年程度の家も含まれます。新築時のシロアリ対策は5年の保証となっている会社がほとんどです。その後しばらくは薬剤の効果もあるかもしれませんが、一度被害にあうと高額の補修費が必要になるので、10年経過後は5年ごとの対策が必要です。

その為には毎月貯蓄を今からすることをお勧めします

「買ったばかりですぐに将来のメンテナンスのために貯蓄するのか」となるかもしれませんが、マンションの場合は、管理費と共に、修繕積立金も購入時より徴収されます。まさに、将来の修繕費の積み立てです。戸建は購入者がいつ・何を行うかを決めることが出来ますが、予算にもよってしまう事から、その時に必要なメンテナンスが受けられるよう、専用口座での貯蓄もご検討ください。

高橋貴広(たかはしたかひろ)

株式会社LIFULL
LIFULL HOME'S OWNERSグループ グループ長

大手パワービルダーでの営業責任者の経験を経て、LIFULLでは住宅営業メソッドの開発と購入後のアフターマーケットの商品・サービスの開発を行う。
資格:宅地建物取引士 2級建築士 不動産コンサルティングマスター 2級FP技能士

おうちのマーケット
LIFUL HOME'S OWNERS

提携会社の商品を会員価格で多数掲載中!

LIFULL HOME'S OWNERSの会員の方だけにご利用いただける商品サイトでは、提携会社の製品やサポートを特別価格で多数掲載しております。大切な住まいの維持や改善、快適な暮らしを実現するためのラインナップを取り揃えておりますので、ぜひご利用ください。

住まいのオーナー様の役に立つ情報をお届け!

住宅お手入れのお役立ち情報

LIFULL HOME'S OWNERS「住宅お手入れのためのお役立ち情報」では住宅の手入れに関する情報はもちろん、購入後の暮らしやお金のことまで、あなたの住まいや暮らしに役立つ情報をお届けしています。

おすすめの記事関連